【2024年最新版】動画編集におすすめのトランジションTOP10

多くの人が動画を毎日視聴していますが、どうすれば自分の作品を際立たせることができると思いますか?

単に美しい映像をつなぎ合わせるだけの動画では、視聴者を引きつけることは難しいですよね。

そこで、効果的に伝える方法を模索する中で「トランジション」の重要性に気づく動画クリエイターは多いと思います。

しかし、トランジションの使い方や種類などが多すぎて悩まれる方も多いかもしれません。

本記事では、このようなお悩みを持つ方に向けて詳しくトランジションについて解説します。

  • トランジションとは?
  • 動画編集におすすめのトランジションTOP10
  • トランジションのおすすめソフト3選
  • トランジションのメリット
  • トランジションのデメリット

最後までお読みいただければ、今よりも魅力的な動画を作ることできるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

目次

トランジションとは?

トランジションとは、動画編集において異なるシーンや映像を滑らかにつなぐ視覚効果(エフェクト)のことを指します。

視聴者に動画の流れを自然に感じさせ、ストーリーの進行にリズムを加える重要な要素です。

さまざまなトランジションが存在するため、動画の雰囲気や伝えたいメッセージによって使い分けるといいでしょう。

実際に、映画やミュージックビデオでは、編集技術の一環としてトランジションが効果的に使われています。

つまり、トランジションは動画編集において欠かせない要素なのです。

効果的なトランジションの選択と使用は、動画の印象を大きく左右するため、編集者にとって重要なスキルの一つと言えるでしょう。

動画編集におすすめのトランジションTOP10

動画編集におすすめのトランジションTOP10をご紹介します。

各トランジションの特徴や使用シーンなどを知っておくことで、より深みのある動画を作ることができます。

トランジションを使いこなして動画のクオリティをさらに上げていきましょう!

動画編集におすすめのトランジションは、以下の通りです。

  • シェイプ
  • ズームイン・ズームアウト
  • ホワイトイン・ホワイトアウト
  • ブラックイン・ブラックアウト
  • スライド・押し出し
  • ワイプ
  • レンズフレア
  • スピン
  • ディストーション
  • シェイク

それでは、順番に解説していきます。

①シェイプ

シェイプトランジションは、円や四角、星形など幾何学的な形を使った効果です。

詳しく説明すると、さまざまな形や色を組み合わせることで、無限のバリエーションを生み出し、独自のスタイルを作り上げることができます。

例えば、動画に現代的なタッチを加えたい時に試してみてください。

視聴者に洗練された印象を与えることができるでしょう。

スタイリッシュでモダンな雰囲気を演出することができ、若い世代の視聴者やデザインに敏感な視聴者からの好感を得やすいです。

使用に適している動画は、企業PVや製品紹介、ソーシャルメディアコンテンツのビジネス系などが挙げられます。

また、アート系やエンタメ系の動画にも適しており、ブランドイメージを高めるのに役立つでしょう。

さらに、教育コンテンツやチュートリアルビデオにも応用可能で情報を区切るための視覚的な手段としても効果的です。

シェイプは、多用途にわたって使用できる汎用性の高いトランジションになります。

②ズームイン・ズームアウト

ズームトランジションは、画面の一部または全体を拡大・縮小する効果です。

例えば、特定のポイントに集中させたり、物語の中での場所や時間の変化を表現したりする時に試してみてください。

ズームインは物語のクライマックスで使うと緊張感を高めることができ、ズームアウトは視聴者に広い視野を持たせたいシーンに使うと物語の文脈を理解させることができるでしょう。

使用に適している動画は、旅行ビデオや自然ドキュメンタリー、アクション映画のトレーラーなどが挙げられます。

また、商品紹介やチュートリアルビデオにおいて、特定の製品の特徴や操作方法を強調する時にも適しています。

視聴者の感情に訴えかける強力な手段として、ストーリーテリングやメッセージの伝達に役立ててみましょう。

③ホワイトイン・ホワイトアウト

ホワイトトランジションは、画面が一時的に全白になる効果です。

詳しく説明すると、ホワイトインは画面が徐々に白くなり、ホワイトアウトは画面が白く褪せていきます。

例えば、物語の転換点や感情的なシーンの変化を表現するのに試してみてください。

視聴者の心をリセットさせる効果があるため、次に来るシーンへの期待感を高めることができるでしょう。

また、視聴者に清潔感のある柔らかい印象を与えることができます。

使用に適している動画は、結婚式のビデオ、卒業式のビデオ、感動的なドキュメンタリーなど人生の大切な瞬間や感情的な物語を扱うコンテンツに有効です。

他には、視聴者にポジティブな印象を与える効果もあるため、広告やマーケティングコンテンツの利用にもおすすめです。

④ブラックイン・ブラックアウト

ブラックトランジションは、画面が完全に黒くなる効果です。

詳しく説明すると、ブラックインは画面が黒から徐々に明るくなり、ブラックアウトは画面が徐々に暗くなります。

例えば、ドラマティックなシーンに移行する時に試してみてください。

視聴者に対して、物語における重要な転換点や感情的な深みを感じさせることができるでしょう。

使用に適している動画は、映画やドラマ、ドキュメンタリーなど物語の展開に重点を置いたジャンルの動画に有効です。

特に、感情的なシーンの移行やストーリーの節目を際立たせたい場合に効果的です。

また、瞑想やリラクゼーションに関連する動画にも適しており、視聴者を落ち着かせる効果があります。

視聴者に深い印象を与え、動画の内容をより記憶に残りやすくさせるにはおすすめのトランジションです。

⑤スライド・押し出し

スライド・押し出しトランジションは、前のシーンを次のシーンがスライドして押し出すような効果です。

詳しく説明すると、左右、上下、または斜めにスムーズに移動し、新しいシーンに置き換わります。

例えば、複数のロケーションや異なるテーマ間の移行をする時に試してみてください。

動画に自然な流れを生み出すことができ、視聴者に流れるような連続性とスムーズな展開を感じさせることができるでしょう。

動画のペースを加速させたり、緩やかにしたりすることで、視聴者の注意を引きつけることもできます。

使用に適している動画は、旅行ビデオ、イベントのハイライト、企業のプレゼンテーションビデオなどが挙げられます。

また、教育コンテンツやチュートリアルビデオで異なるセクションやトピックへの移行時の使用にもおすすめです。

シンプルさと効果性から多くの動画編集プロジェクトで使用されており、視聴者の関心を保つのに役立つでしょう。

⑥ワイプ

ワイプトランジションは、一つのシーンから次のシーンへ画面を拭き取るような効果です。

詳しく説明すると、水平や垂直、円形、あるいはカスタム形状のパターンがあり、新しいシーンが徐々に前のシーンに置き換わります。

例えば、視覚的な連続性を保ちつつ、明確なシーンの変更を示したい時に試してみてください。

特に物語や情報が段階的に展開する場合は、新しい段階への移行を自然かつ効果的に表現できるでしょう。

そのため、視聴者の目を自然に次のシーンへと導き、物語の流れをスムーズに感じさせることができます。

使用に適している動画は、ニュース番組やドキュメンタリー、教育コンテンツなど情報を段階的に提示する動画に有効です。

また、企業のプレゼンテーションビデオや製品紹介、旅行ビデオなど、複数のロケーションやトピックを含む動画にも効果的です。

動画のテンポやリズムに変化を加え、視聴者の注意を引き続けるための手段として活用してみるといいでしょう。

⑦レンズフレア

レンズフレアトランジションは、カメラレンズに光が反射して生じる輝きや光条を模倣した効果です。

詳しく説明すると、光の明るさが徐々に強まり、ピークに達したところで次のシーンに切り替わります。

例えば、感情的な深みや映像作品の繊細なムードの演出時に試してみてください。

自然な光の変化を用いることで、視覚的に美しく、ドラマチックなシーンの転換が実現できるでしょう。

視聴者には、物語や映像に幻想的または夢のような雰囲気を感じさせることができます。

使用に適している動画は、ウェディングビデオ、ミュージックビデオ、映画の予告編などロマンチックまたは感情的なコンテンツに有効です。

また、自然やアウトドアをテーマにしたドキュメンタリーや旅行ビデオにもおすすめです。

さらに、ファンタジーやSFなど非現実的な世界を描く映像作品で使用すると幻想的な効果がより生かされます。

動画における光の使い方を工夫することで、視聴者の感情を効果的に操り、深い印象を残せるでしょう。

⑧スピン

スピントランジションは、画面全体が回転しながら次のシーンへと移行する効果です。

詳しく説明すると、スピンの速度や方向、回転の角度を調整することで、様々な雰囲気の映像表現が可能になります。

例えば、アクションが多いシーンやテンポの速い音楽に合わせた編集時に試してみてください。

動画にダイナミックな動きを加えることができるため、視聴者の興奮や関心を引き上げることができるでしょう。

また、視聴者を次のシーンへ自然に誘導しつつ、映像に独自のリズム感を生み出すこともできます。

使用に適している動画は、アクション映画の予告編、スポーツ関連のハイライト映像、ダンスやミュージックビデオなどエネルギーと速度感を表現したいコンテンツに有効です。

旅行ビデオやイベントの紹介動画においても、場面転換を効果的に演出する手段としておすすめです。

視聴者に新鮮でエキサイティングな体験を提供できるかもしれませんが、過度なトランジションの使用には注意してください。

動画の内容やテーマ、視聴者の感情に合わせた適切なタイミングで活用することが重要です。

⑨ディストーション

ディストーショントランジションは、画像や映像の一部を歪ませる効果です。

例えば、シーン間の移行をよりドラマティックな演出にしたい時に試してみてください。

歪みの度合いや方向を調整することで、視聴者に強い驚きや衝撃を与えることができるでしょう。

予期せぬ場面転換にこの効果を用いることで、物語やメッセージの重要なポイントを強調し、視聴者の記憶に深く刻むことができるかもしれません。

使用に適している動画は、サスペンスやホラー、SFなど緊張感や不安感を演出したい動画ジャンルに有効です。

他には、ミュージックビデオやアート作品など創造的で実験的な表現を求める動画にも効果的です。

通常のシーン転換では得られない独特の雰囲気を作り出すため、クリエイティブな動画制作に挑戦したいエディターにおすすめします。

動画の内容やメッセージ、ターゲットオーディエンスに合わせて使用してみましょう。

⑩シェイク

シェイクトランジションは、画面が揺れるような効果です。

例えば、過激なアクションや感情の変化を表現するシーンで試してみてください。

短時間で激しい動きを加えることにより、視聴者の緊張感を高めたり、サプライズ効果を与えることができるでしょう。

突然の揺れはサスペンスや衝撃的な展開を示唆するため、視聴者の注意を引きつけるのに非常に効果的です。

使用に適している動画は、アクション映画の予告編、ミュージックビデオ、スポーツ関連のハイライト映像などサスペンスやホラー映画のような緊張感を煽るシーンの転換に有効です。

逆に、落ち着いたドキュメンタリーや教育的な内容を扱う動画では使用を控えた方が良いでしょう。

動画の見せ場を強化し、視聴者の記憶に残る内容を作り出してみてください。

トランジションを入れるのにおすすめソフト3選

トランジションを入れるのにおすすめソフト3選をご紹介します。

各トランジションの特徴や使用シーンなどは把握できたかと思いますが、実際に使ってみないことには意味がありません。

そこで、ソフトの特徴や料金、メリット・デメリットなどを詳しくお伝えしますので、あなたに合ったものを選んで実際に試してみましょう!

トランジション挿入のおすすめソフトは以下の通りです。

  • Power Director
  • Premiere Elements
  • AviUtl

それでは、順番に解説していきます。

①Power Director

PowerDirectorは、サイバーリンク株式会社によって開発されたソフトウェアです。

特徴は、直感的な操作性と強力な編集機能を兼ね備えている点にあります。

4Kや360度動画の編集にも対応しているため、プロジェクトに高品質な仕上がりを提供することができます。

料金形態は、サブスクリプションと永久ライセンスがあります。

サブスクリプションでは、定期的なアップデートを通じて最新の機能を利用できますが、継続的な費用が発生してしまいます。

一方で、永久ライセンスは一度の購入で長期間の使用が可能ですが、新機能のアップデートには追加料金が必要になる場合があります。

気になる方は、まず無料体験版をダウンロードして試してみてください。

メリットは、使いやすさと高機能を兼ね備えている点にあります。

例えば、初心者でも簡単にプロレベルの編集が行える直感的なUI、多彩なトランジションや特殊効果、カラーグレーディングツールなど、高度な編集機能を低コストで利用できます。

追加で大量のチュートリアル動画が提供されており、編集技術の向上のサポートもしてくれます。

定期的に新しいトランジションや効果を試したい方や、編集技術を学びながら成長していきたい方におすすめします。

>>公式HP:https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/overview_ja_JP.html

③AviUtl

AviUtlは、日本で開発された完全無料のソフトウェアです。

特徴は、拡張プラグインによる機能を追加することで、ユーザーコミュニティーが提供する多様なエフェクトやフィルターを利用できることにあります。

また、追加のプラグインやエフェクトはユーザーコミュニティーによって無料で提供されているため、追加費用なしで高度な編集ができます。

メリットは、コストパフォーマンスの高さです。

無料でありながら、トランジション以外にも基本的なカット編集からテキスト挿入、色調整など、動画編集に必要な機能を幅広くカバーしています。

また、日本語に完全対応しているため、日本のユーザーにとっては特に使いやすいソフトウェアと言えます。

デメリットとしては、公式のサポートやチュートリアルが限られているため、独学での学習が必要になることです。

しかし、コストを抑えて手軽に動画制作を楽しみたいクリエイターにはおすすめです。

ぜひ試してみてください!

公式HP:https://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

②Premiere Elements

Premiere Elementsは、Adobeが提供するソフトウェアです。

特徴は、使いやすさと直感的な操作性を重視した設計にあります。

また、ガイド付き編集機能があり、編集プロセスをステップバイステップで学ぶことができるため、初心者でもすぐに利用できます。

料金形態は、サブスクリプション制ではなく、一度購入すると永続的に使用できるライセンスモデルを採用しています。

そのため、一度の購入でアップデートを受けることができ、最新の機能を追加料金なしで利用することができます。

興味のある方は、まず無料体験版をダウンロードして試してみてください。

メリットは、高品質なトランジションを利用できることです。

しかし、プロレベルの編集を求めるユーザーにとっては、機能面で物足りなさを感じる可能性があるかもしれません。

なぜなら、高度な編集機能やカスタマイズ性に制限があるため、上級者のニーズを完全に満たすことが難しいからです。

一方で、動画編集を始めたばかりの初心者や編集作業を簡単に行いたい趣味のクリエイターにはおすすめします。

様々なトランジション効果を駆使して、視聴者を引きつける映像を作り出すことができるでしょう。

>>公式HP:https://www.adobe.com/jp/products/premiere-elements.html

④Premiere Pro

最後は、一番のおすすめであるPremiere Proです。

Premiere Elementsと同じく、Adobeが提供するソフトウェアで、複雑なトランジションやエフェクトを自由自在に扱える特徴があります。

料金形態は、Adobe Creative Cloudのサブスクリプションモデルに基づいており、さまざまプランがあります。

例えば、Premiere Pro単体または他のAdobe製品との組み合わせで利用することも可能です。

興味のある方は、まず無料体験版をダウンロードして試してみてください。

Premiere Proは、プロフェッショナルな動画編集を行いたいビデオクリエイター、映像制作会社、または映画・ドキュメンタリー製作者などに幅広く利用されています。

そのため、動画編集で稼ぎたいのであればPremiere Proは必須です。

>>公式HP:https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

下記の動画では、Premiere Proでトランジションを挿入する方法や作り方について詳しく解説しております。

トランジションの無料配布もありますので見逃さないように要チェックです!

参考URL: 【永久保存版】YouTube編集で使えるトランジション完全攻略【プレミアプロ】【動画編集】

トランジションを入れるメリット

トランジションのメリットをご紹介します。

トランジションのメリットを知っておくことで、より効果的な動画を作ることができるでしょう。

  • 飽きさせにくい動画が作れる
  • 場面転換時の違和感をなくせる

それでは、順番に解説していきます。

飽きさせにくい動画が作れる

トランジションを上手く活用することで、視聴者を飽きさせない魅力的な動画を作ることができます。

なぜなら、動画の各シーン間でスムーズかつ創造的な移行を提供することで視聴者の興味を引き続けられるからです。

視聴者は新しい視覚的刺激に対して好奇心を持ちやすく、トランジションはその新鮮さを提供する手段の一つとなり得ます。

そのため、動画の全体的なエンゲージメントを高めることにも繋がります。

実際に、多くのプロの動画クリエイターは、トランジションを利用して動画に迫力を加えています。

例えば、映画やドキュメンタリーでよく見られる「クロスディゾルブ」や「ワイプ」などのトランジションは、シーンの変化を滑らかにし、ストーリーの流れを自然に保ちながら、視聴者を飽きさせないようにしています。

結論として、飽きさせにくい動画を作成するためにはトランジションの選択と使用が非常に重要であると言えます。

トランジションは単にシーンをつなぐだけでなく、動画にリズムやテンポを加え、視聴者の関心を維持する効果的なものです。

動画の内容や目的に最も適したものを選択することが、飽きさせない魅力的な動画制作の鍵となります。

場面転換時の違和感をなくせる

効果的なトランジションの使用は、動画内での場面転換時の違和感を軽減し、視聴者にストレスなく情報を伝えることができます。

なぜなら、映像の流れが自然であると視聴者の注意を持続させることができるからです。

例えば、映画やテレビドラマでは、感情的なシーンの切り替えや時間の経過を示す際に「フェードイン」や「フェードアウト」などのトランジションが効果的に使用されています。

これにより、視聴者は物語の中で自然に感情移入でき、場面間の移行に違和感を感じることなく、ストーリーに没入することができるのです。

スムーズな視聴体験を提供することが、よりプロフェッショナルな作品を制作するための鍵となるでしょう。

トランジションのデメリット

トランジションのデメリットをご紹介します。

トランジションのデメリットを知っておくことでリスク回避に役立ちます。

使用時のポイントもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

  • データが重くなる
  • 多用しすぎるとわかりにくい動画になる

それでは、順番に解説していきます。

データが重くなる

一つ目のデメリットは、データが重くなることです。

トランジションを多用すると、動画ファイルのデータ量が増加し、ファイルが重くなってしまいます。

つまり、動画の読み込み速度が遅くなり、視聴者の離脱に繋がる可能性があります。

そのため、プロの動画クリエイターは、映像の品質を保ちつつもトランジションの使用を慎重に選択しています。

例えば、オンラインでの動画配信やモバイルデバイス向けのコンテンツでは、読み込み時間の遅延を考慮してシンプルなトランジションが使用されています。

ポイントは、トランジションの種類とその使用頻度を慎重に選択し、動画の目的と配信プラットフォームの要件を考慮することです。

トランジションの使用は視覚的な魅力と動画の流れを向上させることができますが、データの重くなるというデメリットも頭に入れておきましょう。

多用しすぎるとわかりにくい動画になる

二つ目のデメリットは、トランジションを多用しすぎると視聴者にとって動画がわかりにくくなることです。

なぜなら、一度に多くの視覚情報を処理する必要がある場合、情報の理解が妨げられ、動画のメッセージが正確に伝わらないからです。

そのため、それぞれのシーンのつながりが不自然になり、視聴者がストーリーを追うのが難しくなってしまうかもしれません。

特に教育や説明を目的とした動画では、情報の伝達を最優先するため、トランジションの使用は極力控えめにされるべきです。

ポイントは、動画の目的と視聴者の視聴体験を最優先に考え、トランジションの選択と配置に注意することです。

情報の理解と記憶を維持させるためにもシンプルな動画編集を心がけましょう。

動画の流れをスムーズにするためのツールとして効果的に使用すれば、動画の品質を向上させることができます。

短期間で効率的に学びたいなら、超実践型動画編集スクール『AIM Creators College』がおすすめ

「AIM Creators College」は、スキルゼロの完全未経験からでも自走力を持った動画クリエイターを目指せる超コミット型動画編集スクールです。

動画編集者として活躍するためには、動画編集スキル以外にも、営業スキル、クライアントワークスキルなど、様々なスキルを習得する必要があります。AIM Creators Collegeの講師陣は各分野でプロフェッショナルとして活躍している現役フリーランスで構成されており、あなたがプロの動画編集者として売上を作る力をつけられるよう1人の生徒に対し2名体制で目標を達成するまで指導していきます。

  • 動画編集で月10〜20万円の副業収入を得たい
  • フリーランスの動画編集者として独立したい
  • 個人で稼ぐ力を身に付けて人生の選択肢を広げたい
  • サポートが充実している結果にコミットしたスクールに入りたい

そんなあなたにおすすめのスクールです。

先輩OB / 卒業生の実績

AIM Creators Collegeに入学した生徒は下記の通り、世代性別問わず成果を出せる環境が整備されています。

元工場勤務の21歳男性が月収30万円達成

30代前半の副業サラリーマンが半年で月60万円達成

30代主婦が完全未経験から半年で月20万円達成

AIM Creators Collegeでは無料カウンセリング(個別面談)を行っています。

  • AIMで受けられるサービスや卒業生の実績
  • 6ヶ月で身につけられるスキルやロードマップ

を説明いたします。

動画制作を仕事にしたい方は、まずは以下の公式LINEに登録し個別面談にご応募ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、動画編集におけるトランジションについて詳しく解説してきました。

早速、トランジションのメリット・デメリットを把握した上で試してみましょう。

まずは、たくさん触って試してみることが大切です。

繰り返していくうちに、きっと視聴者に魅力的な動画を届けることができますよ!

\ 無料カウンセリングまでの流れ  /

\最短1分で簡単お申し込み /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「人生革命」を軸に事業を展開。早稲田大学政治経済学部在学中に動画フリーランスとして活動し、株式会社 All in Motionsを創業。YouTubeマーケティングをハックし、自社YouTubeチャンネルを4つ運用。2022年「動画編集」キーワードで総登録者数日本一を達成。動画編集スクールAIM Creators Collegeを設立し、現在受講者数900名を突破。半年以内に目標到達させる成功確率は脅威の88%で国内No.1の再現性を誇る。スクール事業で社会人教育の在り方を創造し、動画マーケティングを軸に企業の成長支援をおこなう。

コメント

コメントする

目次