動画編集は独学でも稼げる?挫折しやすいポイントと対応策・必要なツールもご紹介

動画の時代と言われる現代、YouTubeを始め、多くのSNSで動画コンテンツが使われています。

そんな中、動画編集のスキルを磨きたいと思っている人が多数いる一方で、習得難易度の高さから、その習得方法には様々な課題が存在しているのが現状です。

特に独学で学ぶ場合、どのように始めればよいのか、また、どんな点が挫折につながりやすいのかが不明確なため、多くの人が途中で諦めてしまうことが少なくありません。

こうした背景から、多くの人が「どうすれば動画編集を学び、それで生計を立てることができるのか?」という疑問を抱えています。

  • 具体的な学習計画をたてることの難しさ
  • どの様な学習ツールを使えばいいかがわからない
  • 効果的な学習方法を知らない
  • 孤独感を感じやすい独学の環境

こうした技術的、モチベーション的な問題が、動画編集スキルを困難にしていることも無視できません。

しかし、心配しないでください。

この記事では、動画編集の基本から応用技術まで、一歩一歩確実に学べる方法を解説します。

また、学習初期で躓きやすいポイントとその対策のご紹介や、効率よく学習する方法もご提案いたします。

動画編集のスキルを身に付け、あなたの創造力を収益につなげる第一歩を踏み出しましょう。

この記事を最後まで読むことで、動画編集を学び、成功へと導く道筋が見えてくるはずです。

目次

動画編集は独学で学ぶことが出来るの?

動画編集は、確かに独学で学び、そのスキルを使って収入を得ることが可能です。

インターネットには動画編集の基本から応用技術まで解説した教材が豊富にあり、特にYouTubeでは無料で多くの学習コンテンツが配信されています。

こうしたコンテンツをりようすれば、自宅でじっくりと技術を磨くことが可能です。

ただし、独学の場合、稼ぐまでのスピードが遅くなることや、途中で挫折するリスクがあることも理解しておいてください。

独学だと、わからないことが出てきた時でも誰かが疑問を即座に解消してくれるわけではありません。

また、モチベーション管理や学習計画・売上の進捗など、全てにおいて自己管理が求められます。

そうした未経験の学習をおこなう難しさや、孤独になりがちな部分から、今まで多くの人が独学で動画編集を学び、失敗してきました。

しかし、動画編集を独学で学んで成功している人がいるのも事実です。

つまり、独学で学ぶことに向いている人・そうでない人がいるということでしょう。

そこで、まずは独学で動画編集を学ぶことのメリット・デメリットをしっかりと理解し、自分が独学に向いているのかどうかを確認していきましょう。

動画編集を独学で学ぶメリット

動画編集の技術を独学で身につけることには、多くのメリットがあります。

この章では、独学のメリットについて、掘り下げていきましょう。

時間や費用を節約しつつ、柔軟に学習を進めることができる独学の魅力について、これから詳しく解説していきます。

お金がかからない

動画編集を独学で学ぶ最大のメリットは、学習に費用がかからないことです。

専門学校や有料のオンラインスクールに比べて、インターネット上には無料で利用できる資源が豊富にあります。

YouTubeやその他の教育プラットフォームでは、初心者から上級者までを対象とした様々な学習コンテンツが無償で提供されており、こうしたツールを活用することで、ソフトウェアの操作方法や編集技術を学ぶことができます。

自宅で学ぶことができるため、交通費や教材費などの追加費用もかかりません。

このように、独学は経済的な負担を大きく軽減させながら、必要なスキルを身につける手段として非常に効果的です。

自分のペースでできる

動画編集を独学で学ぶもう一つの大きなメリットは、自分のペースで学習を進められる点です。

専門学校やコースでは、決められたスケジュールに従う必要があります。

しかし、独学では自分の生活リズムや仕事の予定・プライベートの状況に合わせて学習時間を調整できます。

たとえば、朝が得意な人は早起きして学習することができますし、夜型の人は夜遅くまで集中して作業を行うことも可能です。

こうした柔軟性のあるスケジュールは、自分の学びたいときに集中して学習できるため、効率よくスキルを身につけることができます。

自分のペースで一歩一歩学ぶことで、無理なく動画編集の技術をマスターすることが可能になるのです。

動画編集を独学で学ぶデメリット

独学で学ぶことには先ほどご紹介したようなメリットもありますが、当然特有のデメリットも存在します。

これから、独学で動画編集を学ぶ際に直面する可能性のある問題点を先に理解し、それぞれの課題にどのように対処すれば良いのかを学習しておきましょう。

独学の途中で遭遇するかもしれない課題を知ることは、その課題を乗り越える準備を整える上で非常に重要です。

今から独学のデメリット・そしてそれをどう克服するかの具体的な策を見ていきましょう。

成長が遅い

動画編集を独学で学ぶ際の一つのデメリットは、成長が遅くなる可能性があることです。

専門のスクールやセミナーなどの学習機関では、経験豊富な講師が効率よく成長できるためのカリキュラムを用意してくれています。

更に、直接フィードバックを受けることができるので、「何が悪かったのか」「どうすれば改善できるのか」が明確になり、学習の進行が迅速になります。

しかし、独学の場合、自分自身で問題点を見つけ出し、解決策を探っていかなければなりません。

これは時間がかかるだけでなく、間違った技術を覚えてしまうリスクも伴います。

そして、誰からも強制されることのない環境では、簡単にサボることができてしまいます。

余程自己管理能力の強い人でなければ、中だるみせずに続けることは不可能でしょう。

独学では学習のペースを保つために、正確な情報を見抜く目と自己管理能力が特に求められます。

学習の質が低くなる

独学で動画編集を学ぶもう一つのデメリットは、学習の質が低くなりやすいことです。

先ほどと少し似た話になりますが、専門の指導を受けずに独学をする場合、間違った技術や方法を身につけるリスクが高くなります。

また、複雑な編集技術や業界の最新トレンドを理解するのが難しくなるため、自己学習の限界に直面することもあるかもしれません。

動画編集の正しい技術や効果的な技術習得をおこなうためには、定期的なフィードバックや専門的な知識が必要です。

しかし、これが不足すると、作品の品質に影響を与えかねません。

そのため、独学者は質の高い教材選びや、コミュニティでの意見交換など、工夫をする必要があります。

つまづいたときに質問できない

独学で動画編集を学ぶ際のもう一つの大きなデメリットは、つまづいた時に直接質問できる相手がいないことです。

専門のセミナーやスクールなどでは、講師やクラスメイトにすぐに質問を投げかけることができ、問題を迅速に解決することが可能です。

しかし、独学ではそのようなサポートがなく、分からない点が出てきた場合、自分で解決策を見つける必要があります。

これには時間がかかるだけでなく、解決に至らない場合も少なくありません。

その結果、学習の進行が遅れることがあり、モチベーションの低下にもつながる可能性があります。

そのため、独学者はオンラインフォーラムやコミュニティを活用するなど、自発的にサポートシステムを構築し、積極的に外部と交流を持ちながら輪を広げていくための工夫が求められます。

挫折しやすい

動画編集を独学で学ぶ際に直面する最も大きな課題は、モチベーションの維持です。

専門の教育機関やクラス環境では、同じ目標を持つ仲間や定期的なフィードバックがモチベーションを高め、学習を促進してくれます。

しかし、独学ではこうした外部からの刺激が少なく、自分自身で学習意欲を維持しなくてはいけません。

これが難しいと感じる場合、挫折につながりやすいです。

また、動画編集に関わらず、何か新しいことを始めた時、最初は良くても必ずいつか、上手く成果が出ないタイミングが現れます。

その時に、誰か指導者や仲間がいれば、自分の行動指針が正しいのか確認することができるのですが、独学ではその指針が正しいのかを判断してくれる人がいません。

結果的に、自分の行動が上手く結果に繋がらず、もう少し頑張れば結果が出ていたかもしれないのに、その直前で「上手く結果がでない」と挫折してしまう人がとても多いのです。

孤独感や進行の遅れを感じた時、モチベーションの維持や自己管理能力・学習指針の確認などを行える仲間が非常に重要です。

独学で成功したいのであれば、より多くの仲間を作っておきましょう。

動画編集で学んでおくべきスキル

動画編集で成功するためには、ある一定のスキルが必要です。

これから、動画編集で成功するために必須となる基本的な技能を紹介していきましょう。

もちろん、これらのスキルは時間と実践を通じて磨かれるものですが、動画編集の初心者さんがこれから学ぶべきポイントを明確にすることで、より効果的で効率的な学習が可能となります。

動画編集の世界で求められる技術を高める方法について知っていきましょう。

カットでテンポ感をつくる

動画編集において、視聴者の注意を引きつけ続けるためのカット技術は非常に重要です。

熟練したカットの技術は、動画のテンポをコントロールし、視聴者を飽きさせないようにするための鍵となります。

効果的なカットの技術を使用すれば、物語を流れるように進め、必要な情報を適切なタイミングで提示することもできるようになるのです。

動画編集においてカットは最も基本的な技術であり、最も奥の深い技術でもあります。

初心者がこの技術をマスターするには、いろいろな動画を見て、上手いカットのタイミングを学び続けることが必須です。

より多くの動画を見て、「なぜこのタイミング・この間でカットしているのか?」ということを常に考えましょう。

そして、自分なりに何度も繰り返し実践してみてください。

適切なカットができるようになることで、より魅力的な動画制作が可能になります。

テロップで動画をみやすくする

動画編集においてテロップを適切に挿入することは、視聴者の理解を助け、動画をより見やすくすることに繋がります。

テロップとは、動画に表示されるテキストのことで、説明や強調、情報の提供などさまざまな目的で使われます。

このスキルを身につけるには、テキストのフォント、サイズ、色を選ぶ際に、視聴者が内容を簡単に読み取れるように配慮することが大切です。

また、テロップは動画の流れに自然に溶け込むように配置し、視聴の邪魔にならないようにすることも重要です。

表示タイミングや表示時間のコントロール。

アニメーションを適切に挿入する技術

動画の雰囲気に合ったフォントや配色

テロップ1つで、動画の雰囲気が大きく変わります。

適切なタイミングで短く的確なテロップを挿入することで、視聴者の理解を深め、動画全体の品質を向上させることが可能になるでしょう。

エフェクトで動画を彩る

動画編集で視聴者を引き付けるためには、エフェクトの効果的な使用が欠かせません。

エフェクトは動画に動きと彩りを加え、物語をより魅力的にします。

動画編集初心者にとって、さまざまなエフェクトを理解し、適切に適用する方法を学ぶことは、スキルの向上に大いに役立ちます。

  • トランジションでシーンをスムーズにつなぐ
  • カラーグレーディングで視覚的な雰囲気を調整する
  • またはスローモーションとタイムラプスを使って時間の感覚を操る

これらはあくまで一例ですが、こうした技術を使うことで伝えたいメッセージを際立たせたり、視聴者を飽きさせずにひきつけることできるようになるのです。

エフェクトを適切に使えるようになって、魅力的な動画を作成しましょう。

音源を挿入して雰囲気をつくる

動画編集の過程で、BGM(背景音楽)や効果音の選択と配置は、動画の全体的な雰囲気や感情的な影響を大きく左右します。

音楽は動画のトーンを設定し、視聴者の感情を引き出す強力なツールです。

また、効果音は視覚的要素を強化し、リアリティを加えることができます。

適切な音源を挿入するスキルを習得するには、シーンの内容に合った音楽を選ぶ感覚を養うことが重要です。

さらに、音量のバランスや音のタイミングの調整が、プロフェッショナルな動画制作には不可欠になります。

適切なBGMと効果音を使用し、動画をより引き立て、視聴者に強い印象を与える動画を作りましょう。

サムネイルで視聴者を集める

動画編集のプロセスにおいて、視聴者を惹きつけるサムネイルの作成は非常に重要なスキルです。

サムネイルは動画の「顔」とも言え、視聴者がクリックを決める大きな要因になります。

効果的なサムネイルは明確で魅力的な画像と、簡潔で関連性の高いテキストを組み合わせることによって作られます。

最初のうちは、サムネイルが動画の内容を正確に反映しているか、そして視覚的に注目を引くかどうかを常に考慮しながら作成してください。

また、色の対比やフォントの選択も重要です。

これらは視覚的な魅力を高め、結果的により多くの視聴者を動画へと導きます。

サムネイル作りに慣れることで、動画の視聴率を大幅に向上させることが可能になります。

動画編集を挫折せずに学ぶためのポイント

動画編集は今最も注目されているスキルであり、多くの人が動画編集でキャリアを築こうと考えています。

しかし、先ほどもお伝えしたように、学習過程での挫折は少なくありません。

この章では、独学で動画編集を学びながら挫折を避けるための重要なポイントを紹介します。

具体的な学習方法、継続のコツ、またモチベーションを維持するための戦略など、効率的にスキルを身につけていきましょう。

目的をはっきりさせる

動画編集を学ぶ際に挫折を避けるための最初のポイントは、自分がなぜ動画編集を始めたのかその目的をはっきりと定めることです。

目標が明確であればあるほど、学習過程で直面する困難や挑戦に対しても、動機づけを保ち続けることができます。

  • 自分の趣味を共有するために始めようと思った
  • 副収入を得る手段として動画編集を選んだ
  • プロの動画編集者として独立を目指している

人によって目的は様々でしょう。

この初期の目的は、学びを進める上での軸となります。

この目的によって、どのようなスキルやツールに焦点を当てるべきかを決定づけていきましょう。

目的がはっきりしていれば、学習の方向性がブレることなく、モチベーションを持続させることが可能です。

正しいスキルを身に付ける

動画編集を挫折せずに学ぶための重要なポイントの一つは、正しいスキルを効率的に身につけることです。

初心者が習得すべき基本スキルには、カット編集、テロップ挿入、演出の追加、色調整、音声調整など様々な要素が含まれます。

これらのスキルは、高品質な動画制作の土台です。

また、プロジェクトを段階的に小さな目標に分割し、一つ一つをクリアしていく方法を取ることで、学習過程がより管理しやすくなり、進捗を感じやすくなるでしょう。

このようにしてスキルを確実に身につけることで、動画編集の複雑さに圧倒されることなく、持続可能な学習ペースを維持することができます。

それにより、学習の途中で挫折するリスクを低減できるのです。

モチベーションを保つ

動画編集の学習を継続するためには、モチベーションを保つことが非常に重要です。

最初に設定した明確な目標を常に思い出し、自分がどれだけ進歩したかを定期的に振り返ることで、学習への意欲を維持できます。

また、小さな成功を祝うことも大切です。

例えば、新しい編集技術をマスターしたり、初めての完全なプロジェクトを仕上げたときには、それを達成感として確かに感じ取ってください。

さらに、動画編集仲間をつくり、仲間と一緒に学ぶことで、刺激を受けたり、学習の障害を乗り越える助けとなるアドバイスを共有できます。

動画編集の技術を独学で学ぶ道のりは孤独に感じられるかもしれませんが、目標に向かって一歩ずつ進むことで、やりがいと成果を実感することができるでしょう。

動画編集を学ぶ際におすすめの学習コンテンツ

動画編集の技術を身に付けたいと考えている初心者にとって、適切な学習コンテンツを見つけることは非常に重要です。

この章では、動画編集を効率的に学ぶためのおすすめの学習コンテンツを紹介します。

基本的な編集技術から応用技術まで、幅広い知識を提供し、実際のプロジェクトへ応用していきましょう。

最初は初心者でも、これから自信を持ってスキルを磨いていけばいいのです。

それぞれの学習方法にメリット・デメリットがありますので、どの学習方法が自分に適しているか、そして動画編集の学習に最適かをしっかりと見極めましょう。

書籍を使った学習

動画編集の学習をする中で手軽な方法といえば、良質な書籍を使った学習でしょう。

書籍は、編集の技術や理論を体系的に理解するのに役立ち、自分のペースでじっくりと学習を進めることができます。

特におすすめなのは、プロの編集者が書いた実践的なガイドブックや、動画編集ソフトウェアの公式マニュアルです。

これらの書籍は、具体的な操作方法からクリエイティブな編集テクニックまで、詳細にわたって解説しています。

また、章ごとに練習問題が設けられていることも多く、実際に編集ソフトを使いながら学べるので、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることが可能です。

内容に関しても、出版社の校閲が入っているので、間違った情報が少なく安心して学習ができます。

デメリットとしては、誰かに質問できるという場が無いので、何か困りごとが発生した際に解決が難しい、もしくは解決までに時間がかかることでしょう。

自己学習を進める上で、これらの書籍は手軽に正確な情報を取得する手段ではありますが、あくまで入門程度に利用するのがよろしいかと思います。

インターネットを使った学習

動画編集スキルを磨くために、インターネットは書籍以上に手軽なツールです。

今の時代、ネット検索をかければいくらでも情報が出てきます。

特に、専門のウェブサイトやブログなど有益な情報源は多種多様で好きなコンテンツを選んで学習することができます。

多くの方が自身のウェブサイトで、詳細な学習コンテンツやケーススタディ、最新の業界動向を共有しているので、情報にはこまりません。

また、オンラインフォーラムやコミュニティも、実践的なアドバイスやピアサポートを求めるのに適しています。

ただし、「インターネットには誰でも情報を書き込める」という点には注意しておきましょう。

もちろん現役のプロが正確な情報を提供してくれていることもありますが、そうでない人が勝手にプロのふりをして書いているだけで、除法は正確でない可能性もあるのです。

また、書籍と同じように、リアルタイムでの質問の場が少ないのも難しいポイントですね。

インターネットを活用しての学習は、正しい情報を見抜く目が必要になります。

しっかりといろいろな情報と内容を比較検討し、正しい情報で学習しましょう。

YouTubeを使った学習

動画編集のスキルを学ぶ上で、YouTubeなどの動画プラットフォームは非常に価値のあるリソースです。

YouTube上では、初心者から上級者まで幅広いレベルの編集技術がビジュアルとして学べます。

多くの経験豊かな編集者が自らのノウハウを共有しており、具体的な編集手順やクリエイティブなテクニックをリアルタイムで見ることができます。

これにより、理論だけでなく、実際の操作プロセスも学べるため、より理解が深まることでしょう。

また、コメントセクションを利用することで、その場で疑問を解消したり、他の学習者との意見交換も行えるため、学習体験がさらに充実します。

非常に魅力的なコンテンツですが、やはりリアルタイムでの問題解決が難しい点と、既に提供されている動画の内容しか学習できないので、自分が疑問にもっている細かい部分の解決などを図るのは難しいかもしれません。

しかし、動画は時間と場所を選ばずにアクセス可能で、自分のペースで学べる非常に便利なツールです。

動画編集の基本操作をYouTubeで学びたいならこの動画がおすすめです。

ぜひPremiere Proをご自身で用意してチュートリアルを実践してみてください。

セミナーに参加する

動画編集のスキルを習得するための効果的な学習方法の一つに、短期セミナーや講習会の参加があります。

これらのイベントは、通常、経験豊かなプロフェッショナルが講師として直接指導を行うため、初心者が迅速に技術を習得するのに非常に役立ちます。

さらに、参加者はリアルタイムで質問ができ、即座にフィードバックを受けることができるため、理解が深まります。

また、他の参加者とのネットワーキングは、学習のモチベーションを高め、新たな視点やアイデアを共有する機会を得られることは大きなアドバンテージだといえるでしょう。

これらのセミナーや講習会は、通常、特定の編集ソフトウェアの操作方法や特定の編集技術に焦点を当てており、集中的な学習環境で迅速にスキルを身につけることが可能です。

デメリットをお伝えすると、費用が発生してしまうこと。

そして、あくまで短期的なものなので、自分の成長に応じて新たな疑問が出てきた時、同様に直接フィードバックを貰おうと思ったら、再度セミナーに参加する必要があることなどでしょう。

セミナーは短期集中で技術を身に付けたい人や、実践的な経験を積みたいと考える初心者に特におすすめです。

スクールに入って学習する

専門的に学べるスクールに入ることは、「動画編集の技術をしっかりと、効率的に身に付ける」という意味では最もおすすめの選択肢です。

スクールを活用すれば、集中的な指導と実践的な経験を提供し、初心者がプロのレベルまで迅速にスキルアップすることができます。

さらに、スクールでは、最新の編集ツールとテクニックについて学べるだけでなく、経験豊富な講師から、随時個別指導を受けることができます。

これにより、不明点もリアルタイムで解決し、編集の基本から応用まで、確実に技術を習得することが可能です。

また、スクールでは同じ目標を持つ学生が他にもたくさん在籍しているため、生徒同士の交流を図ることができます。

これは、個々の成長だけでなく、モチベーションの維持、さらには将来的なキャリアの構築にも大きく寄与します。

他にも、スクールでは実際の案件募集が行われていることも多く、在学中から実戦経験を通して動画編集のスキルを磨いたり、お金を稼ぐことも可能です。

デメリットとしては、なんといっても費用がかかること。

書籍・セミナーなどと比較しても大きな費用が必要になることも多く、スクールによっては数十万円単位での費用を必要とするところもあります。

そのため、スクール側も分割支払い制度などを導入や、お試し期間をつけるなどして、少しでも新規の生徒が入りやすいようにいろいろな施策を行っています。どのような制度があるかどうか知りたい場合は問い合わせの手段を用いて連絡してみましょう。

スクールという環境で学ぶことは、動画編集の技術だけでなく、業界で求められる実践的な能力を身につける最良の方法です。

動画編集を本気で、本格的に学び、売上を作っていきたいという方には特におすすめします。

短期間で効率的に学びたいなら、超実践型動画編集スクール『AIM Creators College』がおすすめ

「AIM Creators College」は、スキルゼロの完全未経験からでも自走力を持った動画クリエイターを目指せる超コミット型動画編集スクールです。

動画編集者として活躍するためには、動画編集スキル以外にも、営業スキル、クライアントワークスキルなど、様々なスキルを習得する必要があります。AIM Creators Collegeの講師陣は各分野でプロフェッショナルとして活躍している現役フリーランスで構成されており、あなたがプロの動画編集者として売上を作る力をつけられるよう1人の生徒に対し2名体制で目標を達成するまで指導していきます。

  • 動画編集で月10〜20万円の副業収入を得たい
  • フリーランスの動画編集者として独立したい
  • 個人で稼ぐ力を身に付けて人生の選択肢を広げたい
  • サポートが充実している結果にコミットしたスクールに入りたい

そんなあなたにおすすめのスクールです。

先輩OB / 卒業生の実績

AIM Creators Collegeに入学した生徒は下記の通り、世代性別問わず成果を出せる環境が整備されています。

元工場勤務の21歳男性が月収30万円達成

30代前半の副業サラリーマンが半年で月60万円達成

30代主婦が完全未経験から半年で月20万円達成

AIM Creators Collegeでは無料カウンセリング(個別面談)を行っています。

  • AIMで受けられるサービスや卒業生の実績
  • 6ヶ月で身につけられるスキルやロードマップ

を説明いたします。

動画制作を仕事にしたい方は、まずは以下の公式LINEに登録し個別面談にご応募ください。

まとめ

動画編集は独学でも十分学ぶことが可能ですが、多くのメリット・デメリットが伴います。

学習はコストがかからず、自分のペースで進めることができる一方で、成長の遅さや学習の質の低下、質問のしにくさなどが挫折につながりやすいことはお伝えしたとおりです。

成功へ導くためには、カット技術やテロップ、エフェクトの適用、BGMと効果音の挿入、そして魅力的なサムネイル作成など、多くのスキルを習得しなければなりません。

また、挫折を避けるためには、明確な目的の設定、正しいスキルの習得、モチベーションの維持が重要です。

そうした学習やモチベーションの維持を図っていく中で、書籍、インターネットリソース、短期セミナー、動画プラットフォームなど様々なコンテンツがありますが、やはり本気で動画編集をしたいのならおすすめはスクールです。

自分が何をしたいのか。何を身に付けたいのかをしっかりと考え、それに適したコンテンツを利用して動画編集の技術を磨きましょう。

今こそ、新しいスキルを学び、あなたを次のレベルに引き上げる絶好の機会です。

最適な学習コンテンツを選んで、動画編集を始めましょう。

\ 無料カウンセリングまでの流れ  /

\最短1分で簡単お申し込み /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「人生革命」を軸に事業を展開。早稲田大学政治経済学部在学中に動画フリーランスとして活動し、株式会社 All in Motionsを創業。YouTubeマーケティングをハックし、自社YouTubeチャンネルを4つ運用。2022年「動画編集」キーワードで総登録者数日本一を達成。動画編集スクールAIM Creators Collegeを設立し、現在受講者数900名を突破。半年以内に目標到達させる成功確率は脅威の88%で国内No.1の再現性を誇る。スクール事業で社会人教育の在り方を創造し、動画マーケティングを軸に企業の成長支援をおこなう。

コメント

コメントする

目次