CapCut(キャップカット)で文字を縦書きにする方法

CapCutで作成した動画に縦書きで文字を入れたいと思ったことはありませんでしょうか?

本記事では、このようなお悩みを持つ方に向けてCapCutで文字を縦書きにする方法について解説していきます。

・CapCut(キャップカット)とは?

・CapCut(キャップカット)で動画に文字を入れる方法

・CapCut(キャップカット)で文字を縦書きにする方法

最後までお読みいただければ、CapCutの文字入れで困ることはなくなります。

ぜひ参考にしてください。

目次

CapCut(キャップカット)とは?

「CapCut(キャップカット)」は、中国の大手IT企業バイトダンス社がリリースした動画編集アプリです。

初心者でも簡単に扱える操作性と豊富な編集機能を備え、PC用の動画編集ソフトにも匹敵する性能を持っています。

スマホ1台で高品質な編集が可能で、動画のトリミングやカット、音声の追加、テキストやエフェクトの挿入が簡単に行えます。

また、TikTokとの連携機能もあり、ユーザーから高い評価を受けています。

さらに、CapCutは無料で利用できるため、誰でも手軽に動画編集を楽しめる点が魅力です。

>>ダウンロードはこちらから

CapCut(キャップカット)で動画に文字を入れる方法

CapCut(キャップカット)で動画に文字を入れる方法についてご紹介します。

まずは、CapCutで動画を作るための全体的な流れを覚えましょう。

アプリのダウンロードから動画の書き出しまでの一連の流れを説明いたします。

分かりやすいように、操作画面のスクショ付きで解説していきますので参考にしてください。

さっそく、いってみましょう!

STEP1:CapCutのアプリをダウンロード

STEP2:「新しいプロジェクト」をタップ

STEP3:編集したい動画を選択→「追加」をタップ

STEP4:「テキスト」をタップ

STEP5:「テキストを追加」をタップ

STEP6:テキストを入力→テキストのサイズと位置の調整→チェックをタップ

      ※②のプレビュー画面にあるテキストボックスでサイズと位置の調整が可能です。

STEP7:①の端を動かすことでテキストの表示時間を決める→右上にある「エクスポート」のアイコンをタップ

STEP8:「その他」をタップ

      ※TikTokやInstagram、FacebookなどSNSでも動画シェアが可能です。

STEP9:「ビデオを保存」をタップ

      ※写真アプリに保存されます。

STEP10:「完了」をタップして終了

CapCut以外でのアプリで動画編集をしてみたい方は、下記動画を参考にしてください!

無料で使えるおすすめ動画編集ソフトをご紹介しています。

CapCut(キャップカット)で文字を縦書きにする方法

CapCut(キャップカット)で文字を縦書きにする方法についてご紹介します。

以下の通り、2パターンあります。

・日本語の場合

・英語の場合

上記でご紹介した動画を作るための全体的な流れを把握していれば、難しいことはありません。

順番に解説していきます。

日本語の場合

STEP1:テキストを追加

STEP2:「フォント」を選択→「日本語」を選択→文字フォントを選択

STEP3:テキスト入力→「スタイル」を選択→「スペース」を選択→縦三本線を選択→テキストボックスでサイズと位置を調整

※縦三本線の違いについて(スクショ画面の左から順番に解説)
・文字の頭を揃える・各文字を中央に配置・文字の下部分を揃える

英語の場合

STEP1:テキストを追加

STEP2:「フォント」を選択→「英語」を選択→文字フォントを選択

STEP3:テキスト入力→「スタイル」を選択→「スペース」を選択→縦三本線を選択

(おまけ)日本語のように文字自体を縦書きにしたい場合は、横三本線を選択し、1文字ずつ改行してアルファベットを入力しましょう。

短期間で効率的に学びたいなら、超実践型動画編集スクール『AIM Creators College』がおすすめ

「AIM Creators College」は、スキルゼロの完全未経験からでも自走力を持った動画クリエイターを目指せる超コミット型動画編集スクールです。動画編集者として活躍するためには、動画編集スキル以外にも、営業スキル、クライアントワークスキルなど、様々なスキルを習得する必要があります。

AIM Creators Collegeの講師陣は各分野でプロフェッショナルとして活躍している現役フリーランスで構成されており、あなたがプロの動画編集者として売上を作る力をつけられるよう1人の生徒に対し2名体制で目標を達成するまで指導していきます。

  • 動画編集で月10〜20万円の副業収入を得たい・・!
  • フリーランスの動画編集者として独立したい・・!
  • 個人で稼ぐ力を身に付けて人生の選択肢を広げたい・・!
  • サポートが充実している結果にコミットしたスクールに入りたい・・!

そんなあなたにおすすめのスクールです。

先輩OB / 卒業生の実績

AIM Creators Collegeに入学した生徒は下記の通り、世代性別問わず成果を出せる環境が整備されています。

元工場勤務の21歳男性が月収30万円達成

30代前半の副業サラリーマンが半年で月60万円達成

30代主婦が完全未経験から半年で月20万円達成

AIM Creators Collegeでは無料カウンセリング(個別面談)を行っています。

  • AIMで受けられるサービスや卒業生の実績
  • 6ヶ月で身につけられるスキルやロードマップ

を説明いたします。

動画制作を仕事にしたい方は、

まずは以下の公式LINEに登録し個別面談にご応募ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、CapCutで文字を縦書きにする方法についてご紹介しました。

文字入れは、視聴者にとって動画内容を理解するために重要な工程です。

あなたが作る動画によって横書きと縦書きを使い分けましょう。

また、本記事とあわせてこちら(URL挿入)もお読みいただくことをおすすめします。

iMovieで作成した動画を書き出す方法について解説しています。

仕上げの工程になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 無料カウンセリングまでの流れ  /

\最短1分で簡単お申し込み /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「人生革命」を軸に事業を展開。早稲田大学政治経済学部在学中に動画フリーランスとして活動し、株式会社 All in Motionsを創業。YouTubeマーケティングをハックし、自社YouTubeチャンネルを4つ運用。2022年「動画編集」キーワードで総登録者数日本一を達成。動画編集スクールAIM Creators Collegeを設立し、現在受講者数900名を突破。半年以内に目標到達させる成功確率は脅威の88%で国内No.1の再現性を誇る。スクール事業で社会人教育の在り方を創造し、動画マーケティングを軸に企業の成長支援をおこなう。

コメント

コメントする

目次