【動画編集がめんどくさい!】その悩み解決できます!今すぐできる解決策を伝授

動画編集がめんどくさいと感じる人は、実は意外と多く存在しています。

たとえ趣味で動画を作成している方でも、その作業の複雑さや時間のかかり具合に圧倒されがちです。

特に動画編集初心者にとっては、専門的な操作が求められるソフトウェアの使い方から、映像のカット、音声の調整、字幕の挿入まで、覚えるべきことが山積みで、一体全体どこから手をつけていいのかわからない…そんな風に思ってしまうのも無理はないでしょう。

さらに、時間をかけて作業をしても、思った通りの仕上がりにならないことも少なくありません。

動画作成の初心者にとっては、その過程がまるで終わりの見えない迷路のように感じられることでしょう。

こうした問題に直面すると、「動画編集をもっと手軽に、もっと楽しくできないものか?」という疑問が浮かぶはず。

そこで、この記事では動画編集を「めんどくさい」と感じる理由を掘り下げ、それを解消するための具体的な解決策を紹介します。

初心者でも簡単に実践できる方法から、編集作業を効率化するテクニック、さらには動画編集を他人に頼む際のポイントや、動画編集スキルを学べるスクールの活用法まで、幅広くカバーしています。

動画編集のプロセスをもっとスムーズで楽しいものに変えるための一歩を、この記事とともに踏み出しましょう。

目次

動画編集がめんどくさいといわれる原因とは?

動画編集が「めんどくさい」と感じる理由は一体どこにあるのでしょう。

一見すると、動画を作ることは楽しくクリエイティブな活動のように思えますが、実際には日々多くの人が動画編集を始めては辞めていきます。

特に、動画編集を始めたばかりの初心者さんほど、短期間で心が折れて挫折していく傾向にあるようです。

一体なぜそんなにも多くの人が動画編集を始めては辞めていくのでしょうか。

まずはその理由をしっかりと確認していきましょう。

学習コストが高い

動画編集がめんどくさいと感じる最大の原因の一つは、その学習コストの高さにあります。

動画編集を始める際、多くの初心者はまず複雑なソフトウェアの使い方に苦労します。

1本の動画を編集するためには、基本的なカットからテロップの挿入、エフェクトの適用、BGMやSEの挿入、音声と映像の同期、色調の補正など、多岐にわたる技術が必要です。

こうした技術を一から学ぶことは、時間と労力を要します。

そのため、多くの人が途中で挫折してしまうことも少なくありません。

動画編集の学習コストの高さは、動画編集初心者の大きな関門になっているのが実情です。

作業に時間がかかる

動画編集がめんどくさいと感じられるもう一つの大きな原因は、作業に時間がかかることです。

動画を一つ仕上げるためには、多くの時間を費やす必要があります。

例えば、素材を選ぶところから始まり、カットを決定し、音声を調整し、トランジションを加え、最終的にはレンダリングを行います。

これら全てのステップは、個々の操作が単純であっても、組み合わせると膨大な時間を要する作業となるのです。

特に、一つ一つの編集作業が小さな試行錯誤を伴うため、予定していた時間を大幅に超えてしまうことも珍しくありません。

さらに、動画編集を始めたばかりの方であれば、効率的な作業手順を知らないことがこれに拍車をかけます。

動画編集に時間がかかりすぎると、かかった時間と報酬を比較して時給換算したときに愕然としてそのまま挫折する人もおおいようです。

意外と素材集めが大変

動画編集において「めんどくさい」と感じる瞬間の一つに、素材集めがあります。

良い動画を作るためには、使う映像や画像、音楽などの素材が重要ですが、これらを集める作業は意外と手間です。

適切な素材を見つけるためには、数多くのリソースを検索し、ライセンスの条件を確認し、さらには品質を吟味する必要があります。

特に最初の頃は、どのような素材が動画のクオリティを高めるのか、またどこから素材を調達すればよいのかわからないことが多く、試行錯誤が続くことが多いです。

このプロセスをスムーズに進めるためには、信頼できる素材提供サイトを理解し、素材管理のコツを学ばなければいけません。

『動画編集を〇〇時間以内に終わらせよう!』と目標を立てた際に、意外とこうした『素材を集める時間』などは計算していないことが多いので、そこで時間を使ってしまって愕然としてしまうことはあるようです

動画編集がめんどくさいを解決する方法

動画編集がめんどくさいと感じるのは、誰にとっても共通の課題かもしれません。

ですが、実はこの問題を解決する方法は数多く存在しています。

この章では、めんどくさいと感じる思いから動けない人達の行動を、変えるための効果的な手法を紹介していきましょう。

初心者でも簡単に実行できるテクニックから、モチベーション管理術まで、さまざまな解決策があります。

これから紹介する方法を試すことで、動画編集のプロセスを一新し、よりクリエイティブな作業へと変えていくことができるでしょう。

考える前に動く

動画編集がめんどくさいと感じることは誰にでもありますが、その根本的な解決策は意外とシンプルかもしれません。

それは「考える前に動く」こと。

多くの人が動画編集を始める際、モチベーションの波を待ってしまいがちですが、意外と待っていてもモチベーションが上がるタイミングなんてこないもの。

実際は作業を開始することでモチベーションが生まれます。

「ごちゃごちゃ考えずにまずはやる」このシンプルなアプローチは、動画編集において非常に効果的です。

最初は小さなタスクから取り組み、それを完成させることで自然と次のステップへの意欲が湧いてきます。

この繰り返しにより、不安や迷いを感じる前に、自然と編集作業が進んでいくのです。

動き出すことで、意外とスムーズにプロジェクトを進められることに気づくはずです。

作業ハードルを低くする

動画編集が面倒だと感じる際、作業ハードルを低く設定してみてはいかがでしょうか。

多くの人が、動画一本を完成させようと考えるから、その作業ボリュームを考えてしまって圧倒されがちですが、編集作業を小さな部分に分割してみましょう。

例えば、一度に全てを試みるのではなく、「今日はカットだけ調整する」「テロップを加えるだけ」といった具体的かつ達成可能な目標を設定します。

それだけで、気持ちの負担が減って、自然と作業に向かうモチベーションが生まれてくることも。

それでもモチベーションが上がらない時は、さらに小さなステップとして、「今日は5分だけ編集を試してみる」「とりあえずパソコンを立ち上げるだけ」といった、非常に低いハードルを設けることで、取り掛かりやすくなります。

実際に動き出すと、やる気が自然と湧いてきて、予想以上に作業が進むことも少なくありません。

このように小さな一歩を積み重ねることで、全体としての進捗につながり、動画編集の作業が楽に感じられるようになるでしょう。

作業習慣を作る

動画編集の作業がめんどくさいと感じる一因は、効率的な作業習慣が確立されていないことにあります。

この問題を解決するためには、まずは定期的に編集作業を行う習慣を作ることが重要です。

例えば、毎日アラームを設定して、決まった時間に動画編集の作業をすることを心がけてみてください。

このような習慣を作ることで、作業習慣がつくので、自然と作業に対する抵抗感が減少します。

更に、習慣を作って毎日作業をすれば、日々タスクが進捗していく状況を感じることができます。

習慣を通じて少しずつでも進歩を感じられると、動画編集が以前ほどめんどくさいと感じなくなるでしょう。

周辺環境を整える

周辺環境が整っていないと、それが原因で動画編集を面倒に感じてしまう場合があります。

編集作業をスムーズに進めるためには、快適な作業環境を作ることが非常に重要です。

まず、編集に必要なファイルをすぐにアクセスできるように整理整頓しましょう。

次に、作業スペースを清潔に保ち、必要な道具が手の届く範囲にあるように配置します。

さらに、照明や椅子の調整を行い、長時間座っていても体に負担がかからないようにしましょう。

適切な照明は目の疲れを軽減し、適切な椅子は背中や首への負担を減らします。

マンガやゲーム・スマホなど誘惑になるような物は編集作業をする部屋から全て移動させてしまうのがベストですが、それが無理ならせめて目に入らないところに置いておきましょう。

できれば手を伸ばしても届かない、立ち上がって取りに行く必要があるくらいの距離の場所に置くことが望ましいです。

そうしてスマホなどとの距離を離すだけで、実際にスマホを手に取る回数が大幅に減ったという研究データもあります。

こうした環境を整えることで、集中力が持続し、動画編集作業がぐっと楽になります。

整えられた環境で作業することで、動画編集の効率も大幅に向上するでしょう。

モチベが上がる動画を見る

動画編集作業がめんどくさいと感じるときは、モチベーションが上がる動画を見ましょう。

特に編集技術が際立つ動画や、自分が憧れている人、自分の叶えたい未来の目標を既に達成している人が配信している動画などは、自分のモチベーションに火をつけてくれます。

クリエイティブなコンテンツを視聴することで、新たなアイデアが生まれ、自分も同じように挑戦してみたいという気持ちが芽生えるかもしれません。

YouTubeなどのプラットフォームには、多くのモチベーションをあげてくれる動画が存在しています。

これらの動画を見ることで、自分が動画編集を始めようと思った最初の頃の気持ちが呼び起され、その気持ちが『めんどくさい』を吹き飛ばしてくれます。

こうした刺激は、動画編集のスキル向上だけでなく、他の作業への情熱を再燃させる助けにもなるでしょう。

ただし、その動画から派生して、だらだらとただ動画を見るだけにならないように注意してくださいね。

仲間と交流する

動画編集がめんどくさいと感じた時、仲間との交流がモチベーションの再燃につながることがあります。

他の編集者とアイデアを共有したり、お互いの作品にフィードバックを与え合うことで、新しい視点を得ることができるかもしれません。

また、編集に関する悩みや困った点を話し合うことで、解決策が見つかることもあります。

動画編集コミュニティに参加する、オンラインのフォーラムやソーシャルメディアグループに加わる、編集ワークショップやミートアップに参加するなど、交流の機会は多岐にわたります。

こうした活動を通じて、同じ趣味や職業を持つ仲間から刺激を受け、編集作業に新たな楽しみを見出すことができるかもしれません。

仲間と共に学び、成長することで、動画編集が以前よりもずっと魅力的な活動に変わるでしょう。

作業スピードを上げる

動画編集が面倒に感じる一因として、作業にかかる時間が長いことが挙げられます。

この問題を解決するために、作業スピードを上げる方法を探ることが重要です。

まず、よく使う機能のショートカットキーを覚えることから始めましょう。

ショートカットキーを使うことで、マウス操作を減らし、作業効率を大幅に向上させることができます。

また、プロジェクトごとにテンプレートを作成しておくことも効果的です。

一度設定したテンプレートを利用することで、毎回同じ設定をする手間を省くことが可能となり、作業時間の短縮に繋がります。

さらに、編集作業中に必要な素材を事前に整理し、すぐにアクセスできるようにしておくと、探す時間が削減され、スムーズに作業を進めることも可能です。

これらの方法を取り入れることで、動画編集の作業スピードを効果的に上げることができます。

【プロが教える】動画編集を効率化するテクニック7選!時短&クオリティUP術もご紹介

人に編集を任せる

動画編集がめんどくさいと感じるなら、編集作業を他の人に任せるのも一つの解決策です。

動画編集を他の人に依頼することで、時間を節約し、高品質な動画を仕上げることができます。

フリーランスの編集者や副業で動画編集をしている人で、案件を探している方も多いものです。

自分が受注した報酬から一部を活用し、こうした編集者の方に動画を作成してもらいましょう。

注意点としては、動画制作を人に依頼する際は、仕上げて欲しい動画のテイストやスタイルなどの内容を明確に伝えましょう。

そして、出来上がった動画は必ず自分で確認し、修正依頼がある場合は必ず適宜依頼をしましょう。

あなたのクライアントからすれば、他人が編集したとしても依頼したのはあなたです。

仕上がったもののクオリティが悪ければ、それは全てあなたの責任になります。

人に任せたから自分は知りませんでは、クライアントからの信頼を失うだけだということは理解しておきましょう。

動画編集の手間を減らしてスピードを上げよう

動画編集がめんどくさいと感じることは誰にでもありますが、実は効率よく作業を進める方法があります。

この章では、動画編集の手間を減らし、スピードを上げるためのポイントを紹介しましょう。

初心者でも簡単に取り入れられるテクニックやツールを使えば、編集作業がぐっと楽になります。

動画編集を効率的に進めるテクニックを身に付け、素早く1本の動画を作れるようになることで、動画編集がめんどくさいという気持ちに打ち勝ちましょう

優秀な動画編集ソフトを使う

良い編集ソフトを使えば、その手間を大幅に削減できます。

優秀な動画編集ソフトには、動画を素早く、簡単に編集する機能が備わっています。

例えば、自動編集機能やテンプレートを使えば、自分で作業する手間を大幅に削減することが可能です。

安価なソフトに比べて編集ソフトの処理も早いため、ストレスなく動画編集を進めていくことができます。

適切なソフトを選ぶことで、動画編集の負担を減らし、より多くの時間をクリエイティブな作業に費やすことができることでしょう。

パソコンのスペックを充実させる

動画編集をスムーズに進めるためには、パソコンの性能も重要です。

動画編集には高い処理能力が必要とされるため、スペックが低いと作業が遅くなりがちです。

特に、動画を扱う際は、高速なプロセッサ、十分なメモリ、強力なグラフィックカードが求められます。

こうしたスペックは動画の読み込み、編集、エクスポートを速く、スムーズする要素として大きく影響しています。

もし現在使っているパソコンの動作が遅くストレスになっている場合は、メモリを増設するか、新しいパソコンに投資することを検討してみてください。

それだけで、編集作業の速度が大きく向上し、時間を効率的に使えるようになります。

ディスプレイを増やす

動画編集が面倒に感じた時には、ディスプレイを増やしてみるといいかもしれません。

1つだったディスプレイをデュアルディスプレイにするだけで、そのストレスを大幅に軽減できます。

複数のディスプレイを使用すると、動画のプレビューや編集ツールを分けて表示できるため、作業がぐっと楽になります。

つまり、一つの画面で動画を再生しながら、もう一つの画面でエフェクトの調整やカットの編集を行うことができるということです。

これにより、作業の効率が向上し、動画編集の速度も速くなります。

ディスプレイを増やすことは初期投資が必要ですが、時間の節約とストレスの軽減を考えれば、非常に有効な方法だといえるでしょう。

マウスやコントローラーなど周辺機器にこだわる

動画編集が面倒だと感じたら、周辺機器にこだわってみるのはいかがでしょう。

特にマウスやコントローラーなどを変えると世界が変わって見えるかもしれません。

例えば、動画編集専用に設計されたマウスを使用すると、普通のマウスよりもずっと効率的に作業が進みます。これらのマウスには、カットやペーストといった編集機能を素早く実行できる特別なボタンが備わっています。

こうしたマウスがあれば、マウスを操作する手だけで動画のカット作業を終わらせることも可能になります。

さらに、ジョイスティックや専用コントローラーを使うと、タイムラインの移動がスムーズになり、緻密な編集が可能になります。

こうしたツールを最大限に活用することで、編集作業のストレスを減らし、より作業を効率的にし、集中できるようにしてくれます。

動画編集を楽しく、効率的に行いたい方は、ぜひこれらの周辺機器の導入を検討してみてください。

ショートカットキーを活用する

動画編集が面倒と感じている方は、積極的にショートカットキーを活用しているか確認しましょう。

ショートカットキーを使うことで、マウスを何度も動かす手間が省け、作業が格段に速くなります。

ほとんどの動画編集ソフトでは、ユーザーが自分でショートカットキーをカスタマイズできるため、よく使う機能を自分の使いやすいキーに割り当てることが可能です。

例えば、カット、トリミングなどよく使う操作をキーボードの左側に集め、左手だけで作業出来るようにすれば、編集作業の速度が大幅に向上します。

こうして説明されると小さな変更に思えるかもしれませんが、実際にやってみると動画編集の作業が大幅に快適になるでしょう。

まずは基本的なショートカットキーから始めて、徐々に自分だけのカスタマイズを加えてみてください。

これで、動画編集の「めんどくさい!」が「こんなに早くできるんだ!」に変わるかもしれません。

動画編集を人に依頼するときのポイント

動画編集は、素晴らしいコンテンツを作るための重要な工程ですが、やはり時間がかかりすぎるのがネック。

そう考える人も多いでしょう。

そんな時は、編集作業を他の人に依頼することで有効な解決策となることがあります。

しかし、ただ単に作業を振るだけではなく、いくつか押さえておかなければいけないポイントがあることも理解しておきましょう。

この記事では、動画編集をスムーズに他人に委託するためのキーポイントを紹介します。

動画編集初心者の人からベテランまで、人に動画編集を依頼したいと考えている人達に向けて、どのようにして編集の質を保ちつつ、効率よく作業を進めることができるかを解説していきます。

動画の目的を明確にする

動画編集を他人に依頼する際には、まず最も重要なポイントが「動画の目的を明確にする」ことです。

このステップを省くと、編集者が動画の方向性を誤ってしまう可能性があります。

ですから、依頼する前に、どのような視聴者にどのようなメッセージを伝えたいのかをしっかりと定めましょう。

例えば、製品をプロモーションして、そこから商品販売を行うことが目的とする動画であれば、その製品の魅力や使用方法を分かりやすく示すことが重要です。

また、教育的な内容であれば、視聴者が学び取るべきポイントを明確に伝える必要があります。

純粋に配信企業や配信者が広くいろいろな人に認知されることを目的としている動画であれば、エンタメ要素を盛り込んで視聴回数を稼がなければいけません。

このように動画の目的を具体的に伝えることで、編集者は目的に沿った効果的な編集ができるようになります。

予算を明確にする

動画編集を外部の人に依頼する際、目的の明確化と並んで重要なのが「予算を明確にする」ことです。

適切な予算設定は、編集作業の範囲と質を左右します。

予算がはっきりしていると、編集者はその枠内で最適な方法を選び、効率良く作業を進めることができます。

具体的には、動画の長さ、使用する映像の種類(オリジナル映像、ストック映像など)、特殊効果の使用有無など、作業の詳細によって予算が変動します。

初めにこれらの要素を考慮して、実現可能な予算を設定し、編集者と共有することが大切です。

予算を明確にすることで、双方の期待値を一致させ、スムーズなプロジェクト進行が期待できます。

参考動画を共有する

動画編集の依頼をスムーズに進めるためのもう一つの重要なポイントは、「参考動画を共有する」ことです。

参考になる動画を編集者と共有することで、求めるスタイルやトーンが明確に伝わります。

これは特に、具体的なイメージを伝えるのが難しい場合に非常に有効です。

例えば、特定のカット割りやトランジション、色調整のスタイルを希望する場合、それらが適用された動画を示すことで、編集者は要望を正確に理解しやすくなります。

また、参考動画は創造的なインスピレーションを与え、より良いアウトプットにつながることもあります。

依頼前に適切な参考資料を選んでおくことで、期待する動画内容が編集者に正しく伝わり、満足のいく結果が得やすくなります。

単価交渉の準備をしておく

動画編集を他人に依頼する際、単価交渉も大切な要素です。

特に、予算に限りがある場合や、長期的なプロジェクトを想定している場合は、事前に準備を整えておかなくてはいけません。

最初に編集者と話し合う前に、市場の相場を調査し、どのくらいの単価が妥当かを把握しておきましょう。

また、先々自分が編集を依頼した編集者さんに単価交渉をされたときに対応できるよう、自分自身のクライアントにも事前に単価交渉ができるような準備をしておきましょう。

これにより、交渉の余地が生まれ、最終的に双方にとって納得のいく価格に落ち着くことが多くなります。

また、単価交渉では、単なる価格だけでなく、作業の範囲や納期、修正の回数など、条件を明確にすることも重要です。

こうした準備をしておくことで、編集者との円滑な関係を築き、プロジェクト全体の進行もスムーズになります。

人を探す

動画編集を他人に依頼する際、最も重要なのは適切な編集者を見つけることです。

適切な人材を選ぶことで、編集の質が格段に向上し、プロジェクトの成功に直結します。編集者を探す際は、その人の過去の作品をしっかりとチェックしておきましょう。

これにより、その編集者のスタイルや技術レベルが明確になります。

また、推薦や評判も重要な判断材料です。

知り合いや業界内のコネクションを活用して、優秀な編集者さんを探しましょう。

その人の人間性を見極めるのも、大切な要素です。

  • 連絡なしに納期が遅れる
  • 進捗状況を確認しても返事がない
  • 納品前に音信不通になる

こうした責任感の無い編集者さんも実際に存在しています。

納期直前になって、編集者さんと音信不通になった時などは、徹夜覚悟で慌てて自分で編集しないといけない!なんてこともあり得ます。

適切な編集者を見つけることは、動画のクオリティを保つ上で欠かせないプロセスです。

適切な人材選びには時間がかかることもありますが、その努力は最終的な動画の品質を大きく左右します。

自分自身の編集能力を高める

いかに「動画編集を人に依頼する」といっても、あなたのクライアントから編集を依頼されたのはあなた自身です。

仮にあなたが依頼した人の編集スキルが低く、編集された動画のクオリティが悪かったとしても、責任はあなたがとらなくてはいけません。

そのため、他人に編集してもらった動画が納品されたら、まずクオリティチェックを行いましょう。

  • カットの間は適切か?
  • テロップのタイミングや要約具合はおかしくないか?
  • 演出の付け方に違和感は無いか?
  • 挿入されたBGMは動画の雰囲気にあっているか?

こうしたさまざまな要素を確認しながら、その動画が適切に編集された「クオリティの良い動画か」ということを判断していかなければいけません。

しかし、あなたに「クオリティの高い良い動画」を編集できるだけのスキルが無かったら、他人に編集してもらった動画が本当に「クオリティの高い良い動画」かを判断できるでしょうか?

他人に依頼するなら、自分がしっかりと動画の良し悪しを判断できる実力を付けてからでないと、クライアントからの信用を失ってしまうかもしれません。

クオリティの担保には、十分注意してください。

動画編集能力UPやディレクション力を付けたいならスクール活用もおすすめ

動画編集のスキルを向上させたい、あるいはディレクション力を身につけたいのなら、専門のスクールの活用が非常に有効です。

スクールでは、初心者からでも理解しやすい方法で、基本から応用までの編集技術が学べます。

また、現場で直接使えるディレクションスキルも習得可能です。

専門の講師から直接指導を受けることで、一人では学びにくい高度な技術や業界の最新トレンドも把握できます。

スクールコミュニティには同じ目的を持った人との出会いもあるため、その交流からは新しいアイディアを得ることができたり、モチベーションへ繋がることも。

さらにはスクール内で案件募集などが行われていることも多々あるので、そうした案件を通じてリアルな経験を積む機会もあります。

こうした環境を、独学で得ることはなかなか難しいです。

実践的な知識と経験を得て、動画編集のプロとしての道を加速度的に成長させたいと考えているなら、スクールへの投資を検討してみてください。

短期間で効率的に学びたいなら、超実践型動画編集スクール『AIM Creators College』がおすすめ

「AIM Creators College」は、スキルゼロの完全未経験からでも自走力を持った動画クリエイターを目指せる超コミット型動画編集スクールです。

動画編集者として活躍するためには、動画編集スキル以外にも、営業スキル、クライアントワークスキルなど、様々なスキルを習得する必要があります。AIM Creators Collegeの講師陣は各分野でプロフェッショナルとして活躍している現役フリーランスで構成されており、あなたがプロの動画編集者として売上を作る力をつけられるよう1人の生徒に対し2名体制で目標を達成するまで指導していきます。

  • 動画編集で月10〜20万円の副業収入を得たい
  • フリーランスの動画編集者として独立したい
  • 個人で稼ぐ力を身に付けて人生の選択肢を広げたい
  • サポートが充実している結果にコミットしたスクールに入りたい

そんなあなたにおすすめのスクールです。

先輩OB / 卒業生の実績

AIM Creators Collegeに入学した生徒は下記の通り、世代性別問わず成果を出せる環境が整備されています。

元工場勤務の21歳男性が月収30万円達成

30代前半の副業サラリーマンが半年で月60万円達成

30代主婦が完全未経験から半年で月20万円達成

AIM Creators Collegeでは無料カウンセリング(個別面談)を行っています。

  • AIMで受けられるサービスや卒業生の実績
  • 6ヶ月で身につけられるスキルやロードマップ

を説明いたします。

動画制作を仕事にしたい方は、
まずは以下の公式LINEに登録し個別面談にご応募ください。

まとめ

動画編集が面倒だと感じる理由は多岐にわたりますが、その主な原因は技術的な複雑さと時間がかかる作業にあります。

この記事では、そんな動画編集の負担を軽減するさまざまな方法を解説しました。

例えば、効率的なツールの利用、ショートカットキーの活用、そして作業の外部委託などがそうですね。

こうした方法は、編集作業をスピーディーで楽しいものに変える可能性を秘めています。

動画編集の苦労を経験しているあなたにとって、この情報が新たな視点を提供し、作業に対する意欲を引き出してくれることを祈っています。

「動画編集がめんどくさい」と感じることは誰にでもありますが、正しいツールと知識があれば、それを乗り越えることが可能です。

さあ、この記事で学んだことを活かし、より効率的で楽しい動画編集の世界に飛び込んでみませんか?

動画編集のスキルアップに向けて、今日から一歩を踏み出しましょう。

\ 無料カウンセリングまでの流れ  /

\最短1分で簡単お申し込み /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「人生革命」を軸に事業を展開。早稲田大学政治経済学部在学中に動画フリーランスとして活動し、株式会社 All in Motionsを創業。YouTubeマーケティングをハックし、自社YouTubeチャンネルを4つ運用。2022年「動画編集」キーワードで総登録者数日本一を達成。動画編集スクールAIM Creators Collegeを設立し、現在受講者数900名を突破。半年以内に目標到達させる成功確率は脅威の88%で国内No.1の再現性を誇る。スクール事業で社会人教育の在り方を創造し、動画マーケティングを軸に企業の成長支援をおこなう。

コメント

コメントする

目次