【2024年最新版】動画編集で安全・合法的にダウンロードできる音源サイト10選!

動画制作において、適切な音源を見つけ、それを合法的に使用できるかどうかという問題は、制作者にとって頭を悩ます大きな課題です。

多くの動画編集初心者さんが、動画を制作する過程で著作権の問題に直面し、どの音楽が安全に使用できるのか、どのサイトを信頼して良いのか分からなくなることがあります。

また、動画に音楽を加えることで視聴者の感情に訴えかける力が増し、視聴体験が豊かになることは明らかですが、その過程での複雑さに苦しむことも少なくありません。

本記事では、このような悩みを解決するために、初心者でも安心して利用できる、合法的で安全な音源ダウンロードサイトを紹介していきましょう。

2024年の最新情報を基に、利用しやすいサイトを厳選しました。

これにより、動画編集の際に音楽を選ぶことのストレスが減り、よりクリエイティブな作業に集中できるようになるのではないでしょうか。

さらに、本文では動画に音源を挿入するメリットから始まり、安全に音楽をダウンロードする方法、注意すべきポイントに至るまで、初心者にもわかりやすく解説します。

動画編集における音楽の重要性を理解し、最適な音源を見つける手助けとなる内容をお届けするため、ぜひ最後までご覧ください。

目次

動画に音源を挿入するメリット

動画制作において、音源はただの背景音楽以上の役割を果たします。

適切な音楽を挿入することで、動画の雰囲気が劇的に変わり、視聴者の感情を引き出し、メッセージの伝達を強化してくれるのです。

例えば、映画の重要なシーンに流れる音楽を思い出してみてください。

その音楽がなければ、感動や緊張感がぐっと薄れてしまうでしょう。

動画においても同じことが言えます。

しかし、音楽を動画に取り入れる際には、著作権の問題がつきまとうため、合法的にダウンロードできる信頼できる音源を選ぶことが重要です。

この章では、初心者の方でも安心して使用できる、合法的に音源をダウンロードできるサイトを紹介し、どのようにして動画編集に活かすのかを解説していきましょう。

音楽が動画に与える影響を理解し、より魅力的な動画作りを目指しましょう。

BGMを挿入するメリット

動画制作においてBGM(背景音楽)を挿入することは、視聴体験を大きく向上させる効果があります。

音楽は、動画のテーマや感情を強調し、視聴者が内容により深く没入できるようにするための強力なツールです。

たとえば、明るく楽しい音楽は視聴者に元気な印象を与え、逆に穏やかで優しいメロディはリラックスした雰囲気を生み出します。

また、BGMは情報の伝達を助け、動画のペースやリズムを調整する役割も担ってくれます。

適切な音楽がなければ、視聴者は動画の重要なポイントを見逃してしまうかもしれません。

さらに、音楽は、動画の各セグメントを自然につなぎ、ストーリーの流れをスムーズにする手助けをします。

効果音(SE)を挿入するメリット

効果音(SE)を動画に挿入することは、動画を演出するうえで重要な方法の一つです。

効果音は動画のシーンにリアリティと強調を加え、視聴者が内容に感情移入しやすくなります。

例えば、ドアが閉まる音、電話が鳴る音、自然の音などは、動画のシーンをより生き生きとさせ、リアルな環境感を演出することが可能です。

さらに、効果音は視聴者の注意を引き、特定のアクションや変化を際立たせることができます。

これにより、メッセージの明確化や説得力の向上に寄与し、スムーズな動画視聴に役立ってくれるのです。

また、効果音はエンターテイメント性を高め、動画をより魅力的で記憶に残るものにします。

動画編集用の音楽をダウンロードする方法3選

動画編集において、魅力的な音楽は動画の質を大きく向上させる要素です。

しかし、動画編集者の多くは、どのようにして適切な音楽を見つけ、ダウンロードするのかについて戸惑うことがあります。

合法的に音楽を手に入れることは、法的な問題を避けるためにも非常に重要です。

そこで、この記事では動画編集用の音楽を安全にダウンロードするための3つの方法を紹介していきましょう。

これから解説する3つの方法を活用しながら、動画編集に使える音源を安全に取得してください。

動画編集ソフトに入っているものを使う

動画編集で使う音楽を取得する方法の解決策の一つとして、まず考えられるのが動画編集ソフトに最初から含まれている音楽を使用する方法です。

多くの動画編集ソフトには、利用者がすぐにでも使える様々なジャンルの音楽や効果音がプリインストールされています。

この方法の最大の利点は、追加の料金を支払うことなく、また著作権で問題になることもなく、安心して音楽を動画に組み込むことができる点です。

心者の方はこの内蔵された音源から始めることで、編集作業をスムーズに進めることができるでしょう。次のセクションでは、他の音源の探し方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

音楽配信サービスでダウンロード

動画制作のための音楽を探すもう一つの方法は、音楽配信サービスを利用することです。

SpotifyやApple Musicなどの一般的な音楽ストリーミングサービスは、広範囲のジャンルと膨大な楽曲を提供していますが、動画用のライセンス取得は別途必要です。

しかし、動画制作者向けに特化したサービスも存在し、これらは動画編集用の音楽を合法的にダウンロードし使用することができます。

プラットフォームによっては、Epidemic SoundやArtlistなど、定額制で広範囲の音楽をライセンス付きで提供してくれるサイトもあるので、そちらを活用するのもいいでしょう。

これにより、動画に合法的かつ専門的な音楽を簡単に追加でき、制作の幅も広がります。

音楽配信サービスを利用することで、高品質で多様な音楽リソースを活用し、動画プロジェクトにプロフェッショナルな仕上がりをもたらすことができます。

フリー音源サイトでダウンロード

動画編集用の音楽を探す際に、予算が限られている場合や、多様なジャンルを試したい場合には、フリー音源サイトの利用が非常に有効です。

これらのサイトでは、著作権フリーの音楽を法的な心配なくダウンロードして使用することができます。

サイトによってはさまざまなジャンルの音楽を提供しているので、個人のプロジェクトから商用の動画まで幅広く対応することが可能です。

こうしたフリー音源サイトからの音楽は、特に著作権に関する明確なガイドラインに従っているため、動画制作者が安心して使用できます。

また、これらのサイトは利用が簡単で、ほとんどがオンラインで直接音楽を聴いて選ぶことが可能です。

次のセクションでは、これらの音源をどのように効果的に動画に組み込むかについて詳しく解説します。

これにより、動画プロジェクトをさらに引き立てることができるでしょう。

動画編集用の音楽をダウンロードする際の注意点

動画編集用の音楽をダウンロードする際には、注意しておかなければならない点があります。

しっかりと注意点を理解し、適切に対処することで、法的な問題を避け、動画の質を高めていきましょう。

特に初心者にとっては、選択した音楽が動画の内容や目的にマッチしているか、またその音楽が合法的に使用可能かどうかを確認することが大切です。

この章では、動画編集における音楽をダウンロードする際に気をつけるべき法的な側面や技術的な詳細について解説していきます。

音楽をダウンロードする際の一般的な罠を避け、より安全で効果的な方法を採用していきましょう。

これから紹介するポイントに注意を払いながら、あなたの制作する動画に最適な音楽を見つけましょう。

利用規約を確認する

動画編集用の音楽をダウンロードする際には、利用規約の確認が非常に重要です。

特に動画編集を始めたばかりの方は、音楽がどのような条件で使用できるのかを理解しておくことが必要です。

多くの音楽サイトでは、曲によって使用できる範囲や目的が異なり、商用利用が許可されていないものもあります。

また、クレジット表示の要否や使用できる期間に制限がある場合もあります。

利用規約を確認することで、将来的に著作権違反などの法的トラブルを避けることができます。

音楽をダウンロードする前に、その音楽が提供されている条件をしっかりと読み、自分のプロジェクトに適しているかどうかを判断しましょう。

著作権について正しい知識を持つ

動画編集において音楽をダウンロードする際、著作権の理解は欠かせません。

音楽は創造的な作品であり、作曲家やアーティストの知的財産です。

そのため、使用する際には著作権法を遵守する必要があります。

著作権法違反は法的な問題を引き起こす可能性が高く、高額な罰金や訴訟につながることもあります。

法律関連に疎い方は、音楽を自由に使えると誤解しがちですが、ダウンロードした音楽が商用利用可能か、また特定のプラットフォームでの使用が許可されているかなどをちゃんと確認することが大切です。

音楽をダウンロードする前に、ライセンス条件をしっかりと読み、理解しましょう。

著作権について正しく知識を持つことで、安全に音楽を使用し、クリエイティブな動画制作を楽しむことができます。

動画編集者が知っておくべき著作権の基礎知識!注意点や対策についても解説!

動画編集で使う音源を安全にダウンロードできるサイト10選

動画制作において音源の選定は、その動画が良いものになるかどうかというクオリティ部分に直結します。

しかし、インターネット上で安全にかつ合法的に音源をダウンロードすることは、特に初心者にとっては少し難しく感じてしまうかもしれません。

適切なサイトを選ぶことは、著作権違反のリスクを避けるだけでなく、品質の高い音楽を確保する上でも重要です。

この章では、2024年において信頼でき、安全に利用できる音源ダウンロードサイトを10選ご紹介します。

これからご紹介するサイトは、幅広いジャンルの音楽を提供しており、どのサイトも初心者に優しいインターフェースを持っています。

安心して音楽を手に入れる方法を知ることで、あなたの動画はより専門的で、魅力的なものに仕上がるでしょう。

オーディオライブラリー

引用元:YouTubeオーディオライブラリー

動画編集プロジェクトで安全に使用できる音源を探す際、信頼できるリソースの一つが「オーディオライブラリー」です。

このサイトは、広範囲にわたる音楽ジャンルと効果音を提供してくれるため、特にYouTubeクリエイターにはお馴染みのリソースかもしれません。

オーディオライブラリーの全てのトラックは、無料で使用可能で、商用プロジェクトにも利用できるライセンスが付与されています。

初心者でも簡単に使用できるように設計されており、特定のムードやジャンルに基づいて音源を検索できます。

また、著作権に関する心配をせずにクリエイティブな作品を作成できるため、動画制作者にとって非常に価値のあるツールです。

音源にこまったら、とりあえずオーディオライブラリーを開いてみましょう。

DOVA-SYNDROME

引用元:https://dova-s.jp/

DOVA-SYNDROMEは、動画制作に最適な音源を無料で提供するサイトで、特に動画編集初心者におすすめです。

このサイトからは、さまざまなジャンルの音楽がライセンスフリーでダウンロードできるため、商用プロジェクトにも安心して使用できます。

ユーザーは簡単に検索し、必要に応じたトラックを見つけることができるところは安心ポイントでしょう。

DOVA-SYNDROMEには有名な音楽も多数収録されているので、もしかするとあなたがYouTubeで聞いたことがある曲も見つかるかもしれません。

また、DOVA-SYNDROMEは定期的に新しい音楽を追加しており、常に新鮮なコンテンツを提供しています。

これにより、クリエイティブなプロジェクトに新たな息吹を与えることができます。

Music-Note.jp

引用元:https://www.music-note.jp/

Music-Note.jpは、動画制作に適した多彩な音源を提供する日本発のウェブサイトです。

ここでは、ジャンル豊富な音楽が完全に著作権フリーで提供されており、個人利用から商用利用まで幅広く対応しています。

特に動画編集の初心者にとっては、使いやすいインターフェイスとクリアなライセンス条件が魅力的です。

Music-Note.jpを利用すれば、安全に音楽をダウンロードし、動画プロジェクトに簡単に組み込むことができます。

このサイトは、高品質な音楽を提供する信頼できるリソースとしておすすめです。

TuneCoreクリエイターズ

引用元:https://www.tunecore.co.jp/creators

TuneCoreクリエイターズは、動画制作者向けに幅広い音楽を提供するサービスです。

このプラットフォームは、特に独立したアーティストからの楽曲を集めており、動画プロジェクトに独自性と魅力を加えたい方に最適です。

全てのトラックは著作権管理がされているので、合法的にダウンロードして使用できるところも使いやすいポイントだと言えるでしょう。

また、TuneCoreクリエイターズは利用が簡単で、商用プロジェクトでも安心して使えるように、明確なライセンス情報を提供しています。

動画編集初心者の方も、TuneCoreクリエイターズで高品質な音楽を手軽に取り入れて使っていきましょう。

ポケットサウンド

引用元:https://pocket-se.info/

ポケットサウンドは、動画編集用の音源を手軽に提供するウェブサイトで、特に初心者向けの親しみやすいデザインと使いやすさが魅力です。

ここでは、さまざまなジャンルの音楽が著作権フリーで提供されており、個人のプロジェクトから商用利用まで幅広くカバーしています。

ポケットサウンドの音源は全て無料または手頃な価格で提供されており、安全なライセンス条件のもとで利用可能です。

このサイトを利用すれば、クオリティの高い音楽を動画に簡単に追加し、作品のクオリティを一層向上させることができます。

魔王魂

引用元:https://maou.audio/

魔王魂は、動画制作やゲーム開発に適した多様な音楽を無料で提供するウェブサイトです。

特に、ファンタジーやアドベンチャー系の動画にぴったりの音楽が多く揃っています。

このサイトからの音楽は、商用利用も含めて無料で使えるため、予算が限られているクリエイターには特におすすめです。

魔王魂の提供する音楽は、特徴的で印象的なサウンドトラックが多く、動画に独自性と迫力を加えることができます。

利用者はクオリティの高い音楽を安心して使用できる上、著作権の心配をする必要がないのがいいところですね。

Music is VFR

引用元:https://otologic.jp/

Music is VFRは、動画制作用の幅広い音楽ジャンルを提供するウェブサイトで、特に動画クリエイター向けに設計されています。

このサイトの音源は全て著作権フリーで、個人的なプロジェクトから商用プロジェクトまで幅広く利用可能です。

ユーザーは、サイト上で簡単に音楽を検索し、目的に合ったトラックを迅速に見つけることができます。

また、Music is VFRは高品質な音楽を無料または低コストで提供しており、予算に制限のあるクリエイターにとっても非常に便利なリソースです。

初心者にも扱いやすく、安心して使用できる点が大きな魅力となっています。

効果音ラボ

引用元:https://soundeffect-lab.info/

効果音ラボは、動画編集に不可欠な効果音を提供するサイトで、特に初心者や低予算のプロジェクトに最適です。

このサイトは幅広いカテゴリーの効果音を無料で提供しており、商用利用も可能です。

効果音ラボの音源は高品質で、使いやすさを考慮した構成が特徴となっています。

ユーザーは簡単に必要な効果音を検索し、ダウンロードすることが可能。そのためプロジェクトにリアリズムやダイナミズムを加えたい場合、効果音ラボは非常に有益なリソースです。

初心者にとっても、安全かつ簡単にアクセスできる点が大きな魅力です。

くらげ工匠

引用元:http://www.kurage-kosho.info/

くらげ工匠は、個性的でクリエイティブな音楽と効果音を提供するサイトで、特に独立した動画制作者やアーティストに人気です。

このサイトでは、著作権フリーの音源が豊富に揃っており、商用利用も可能になっています。

くらげ工匠のトラックは、幻想的で独創的な作品が多いので、動画プロジェクトに深みと感情を加えるのに役立つサイトです。

利用者は、サイト内で簡単に必要なトラックを検索し、直接ダウンロードできます。

初心者でも安心して使えるクリアなライセンス条件と、魅力的な音楽ライブラリーが特徴です。

MusMus

引用元:https://musmus.main.jp/

MusMusは、高品質で著作権フリーの音楽を提供するウェブサイトで、特に動画制作を始めたばかりの方におすすめです。

このサイトからダウンロードできる全ての音楽は無料であり、商用プロジェクトにも安心して使用できるライセンスが付与されています。

MusMusの音源は多岐にわたるジャンルをカバーしており、各トラックは高い音質で提供されているのが特徴です。

ユーザーは簡単にカテゴリやムード別に音楽を検索し、必要なトラックを素早く見つけることができます。

安全でアクセスしやすいこのサイトは、動画に豊かな音の要素を加えるのに理想的です。

動画に音楽を入れる時に意識すべきポイント

動画制作において音楽をつける際は、ただ背景に流れるだけでなく、その動画の全体的な印象やメッセージを形作る重要な要素であることを意識する必要があります。

音楽は視聴者の感情を引き出し、動画のテーマを強調するための強力なツールとなりますが、動画の雰囲気にあった適切な音楽の使い方が求められます。

しかし、選んだ音楽をどのように使い、どのポイントを考慮すればよいのでしょうか?

この章では、動画に音楽を入れる際に意識すべきポイントに焦点を当て、理解しやすいように解説していきます。

音楽の選び方から、その音楽が動画のストーリーや視聴者の感情にどのように影響を与えるかまでを検討し、効果的に使用していきましょう。

下記の内容を理解し、魅力的な動画作成の参考にしてください。

BGMが大きくなりすぎないように調整

動画制作においてBGMを適切に使用することは、視聴者の視聴体験に大きく影響を与えます。

まず大切なのは、BGMが大きくなりすぎて主要な会話や効果音を覆い隠さないように調整することです。

音楽があまりにも大きすぎると、視聴者が重要な情報を聞き逃す原因となり、動画のメッセージが伝わりにくくなってしまいます。

BGMの音量は、動画の内容にフィットするように慎重に調整する必要があります。

例えば、感動的なシーンや緊張感を高める場面では、音楽をやや前面に出すことが効果的ですが、対話がメインのシーンではBGMを控えめにして、言葉がはっきりと聞こえるようにすることが大切です。

このようにBGMのバランスを取ることは、動画のクオリティを保つ上で非常に重要であり、視聴者が内容を明確に理解できるようにするために不可欠です。

音量の調整だけでなく、音楽の選択自体も動画のトーンに合わせていきましょう。

無音を効果的につかう

動画編集における音楽の使用では、音楽だけでなく無音の部分を効果的に活用することも重要です。

無音は、視聴者の注意を引きつけたり、特定の瞬間の感情的な重みを増加させたりするのに役立ちます。

例えば、緊張感のあるシーンやサプライズの瞬間に無音を挟むことで、その後の音楽や効果音がより強い印象を与えることができるのです。

また、無音を使うことで、視聴者に思考の時間を提供し、動画の内容を深く考えさせることができます。

これは特に、教育的なビデオやストーリーテリングにおいて有効です。

無音のタイミングを選ぶ際には、シーンの流れや視聴者の感情移入を考慮することが大切になります。

無音の使い方をマスターできれば、視聴者が没入できる動画を制作するのに必ず役立ちます。

無音を効果的に活用して動画全体のペーシングをコントロールし、視聴者により深い印象を与えていきましょう。

フェードイン・フェードアウトを工夫する

動画編集において音楽のフェードインとフェードアウトは、視聴者の感情に滑らかに訴えかけるための重要なテクニックです。

フェードインは、音楽を徐々に大きくしていくことで、視聴者を静かに物語や情景へと没頭させていきます。

このテクニックにより、シーンの始まりに自然な流れを生み出し、視聴者の注意を引きつけることが可能となるのです。

一方、フェードアウトは、シーンの終わりに音楽を徐々に小さくし、次の部分への移行をスムーズにします。

これらの技術を適切に使用することで、動画全体の感情的な流れを強化し、シーン間の遷移をより効果的にすることが可能です。

特に、感動的または重要な瞬間の前後でこれらを用いることで、その瞬間の印象を深めることができます。

熟練の動画編集者を目指すのならば、これらのフェードテクニックを使って、動画のプロフェッショナル感を高め、視聴者に快適な視聴体験を提供していきましょう。

動画制作において音楽のフェードを巧みに扱うことは、作品の質を向上させる重要なステップとなります。

短期間で効率的に学びたいなら、超実践型動画編集スクール『AIM Creators College』がおすすめ

「AIM Creators College」は、スキルゼロの完全未経験からでも自走力を持った動画クリエイターを目指せる超コミット型動画編集スクールです。

動画編集者として活躍するためには、動画編集スキル以外にも、営業スキル、クライアントワークスキルなど、様々なスキルを習得する必要があります。AIM Creators Collegeの講師陣は各分野でプロフェッショナルとして活躍している現役フリーランスで構成されており、あなたがプロの動画編集者として売上を作る力をつけられるよう1人の生徒に対し2名体制で目標を達成するまで指導していきます。

  • 動画編集で月10〜20万円の副業収入を得たい
  • フリーランスの動画編集者として独立したい
  • 個人で稼ぐ力を身に付けて人生の選択肢を広げたい
  • サポートが充実している結果にコミットしたスクールに入りたい

そんなあなたにおすすめのスクールです。

先輩OB / 卒業生の実績

AIM Creators Collegeに入学した生徒は下記の通り、世代性別問わず成果を出せる環境が整備されています。

元工場勤務の21歳男性が月収30万円達成

30代前半の副業サラリーマンが半年で月60万円達成

30代主婦が完全未経験から半年で月20万円達成

AIM Creators Collegeでは無料カウンセリング(個別面談)を行っています。

  • AIMで受けられるサービスや卒業生の実績
  • 6ヶ月で身につけられるスキルやロードマップ

を説明いたします。

動画制作を仕事にしたい方は、
まずは以下の公式LINEに登録し個別面談にご応募ください。

まとめ

本記事では、動画編集において音源の重要性と安全なダウンロード方法について詳しく解説しました。

動画に音源を挿入することで、視聴者の感情に訴えかけ、メッセージの伝達を強化することが可能です。

また、音楽をダウンロードする際には、合法的な方法を選び、著作権の問題を避けることが重要であることをお伝えしてきました。

今回ご紹介した、安全に音楽をダウンロードできる10サイトを活用し、自分が作る動画に合う音楽を選んだら、音楽のフェードインやフェードアウトなど今回紹介した技術などを活用し、その動画を印象的に彩りましょう。

動画制作のレベルを次のレベルに引き上げたいなら、今紹介した安全な音源ダウンロードサイトを活用し、提案された技術を実践してみてください。

合法的に音源を手に入れ、クリエイティブな制作活動をさらに充実させる第一歩を踏み出しましょう。

始めるのに最適な時は今です!

\ 無料カウンセリングまでの流れ  /

\最短1分で簡単お申し込み /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「人生革命」を軸に事業を展開。早稲田大学政治経済学部在学中に動画フリーランスとして活動し、株式会社 All in Motionsを創業。YouTubeマーケティングをハックし、自社YouTubeチャンネルを4つ運用。2022年「動画編集」キーワードで総登録者数日本一を達成。動画編集スクールAIM Creators Collegeを設立し、現在受講者数900名を突破。半年以内に目標到達させる成功確率は脅威の88%で国内No.1の再現性を誇る。スクール事業で社会人教育の在り方を創造し、動画マーケティングを軸に企業の成長支援をおこなう。

コメント

コメントする

目次